上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度に入り、「エセナおおた」もどんどん講座を開始しています。
まずは4月16日(木)から始まった5回講座「行列のできる講座とチラシの作り方」、
4月23日(木)から始まった4回講座「いつか来る!おひとりさまの老後を乗り切る知恵と工夫 第2弾」です。どちらも定員の倍以上の申込があり抽選になった講座です。

もちろん企画そのものがよいから人が集まるのですが、時期も大いに関係します。
行政が主催すると、4月に講座は実施しないところが多いのです。これはどこの地域に行っても同様のようです。理由としては①企画をした担当者が人事異動するかもしれない②予算が確定していないのに講座を計画できない・・・この2点です。

NPOも4月、5月にはあまり講座を実施しない傾向にあります。5月末の総会に
向け何かと忙しいというのが理由のようです。

行政もNPOもそれなりの理由があるから春に講座を実施しないのですが、
では市民側の考えはどうでしょうか。
4月という年度がわりの区切りのいい時期に新しいことを始めたいと考える
人が多いので、役所が作る広報紙をじっくり見ている人が多いのです。
何かを始めたいと考える人が多いにもかかわらず、講座の募集記事はとっても
少ない・・・・。少ない中で選ぼうとするため、4月・5月にやったもん勝ちと
いうことになります。もちろんニーズのある企画でないとダメですけどね。

さらに、行政の広報紙に講座の宣伝が掲載される場合は、募集記事が少ないと、紙面に余裕があるため、通常は載せてもらえないような文言も載せてくれるのです。一番イベントが多い10月や11月は掲載記事数も多いため、必要最低限のことしか載せてもらえません。

ライバル他者との差別化を図るために、時期をしっかり吟味して、宣伝媒体に掲載される内容の比較などをしてみることをオススメします。

余談ですが、これまで不定期で更新していた「なんちゃってリジチョーブログ」ですが、4月からは、ほぼ(?)毎週金曜日に更新していく所存です。

やっぱり4月って何か新しいことをやりくなる時期ですよね。あっこれまで伸ばしていた髪もばっさり切っちゃいました。次回顔写真も更新したいと思います50

 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。