上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内閣府の「平成26年度地域防災における男女共同参画の推進事業」の補助金をいただき、11月に終日研修を実施します。

まずはあの3.11の直後、被災地でどういうボランティア活動が展開され、実際にどういう支援が必要だったのか等について、仙台からゲストを招いて講演していただきます。また世代や性別、家族構成などの多様性に配慮した避難所運営について、ゲームを通して学んだり、防災食の試食や備蓄品の検証なども行います。小さいお子さん連れのママも保育付きのため安心して参加ができます。

■日時:2014年11月28日(金)10時~16時
■会場:大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」1階 会議室
■内容
 ①基調講演「被災地仙台に学ぶ 日頃の備えと発災後の対応」 エル・パーク仙台館長 加藤志生子さん
 ②避難所運営の模擬体験ゲーム 子どもや高齢者、女性、障がいのある方等に配慮した避難所づくりを体験します。
 ③いざという時のために! 非常食の試食、備蓄品の検証、簡易トイレの作り方実習
◆参加費、保育料、非常食のランチ、すべて無料です。


お申込はお早めに。
詳細はエセナおおたのHPをご覧ください→コチラ
    
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。