上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月7日(土)に「ココ・シャネル」の映画上映会が終了しました。
大田区報に掲載され1週間で定員に達した映画です。断るのが大変で、大変で…
夏休みだから東京には人がいないのではないかというのは間違いですね。
みんなが地方出身者で地元に帰るわけでもないし、みんながどこかに旅行に
いくわけでもありません。利用率が1年でもっとも下がる8月にイベントを企画し
集客するというのは常套手段です。

ただし、申し込み先着順の落とし穴は当日欠席者が必ずいるという点です。
これまでの経験則からすると、無料のものの当日欠席率は2割、有料のものは1割の欠席率です。
だからこそ、無料で申込み先着順のものは2割増しで受け付けています。

今回の映画会も2割増しで受け付けましたが、やっぱり2割は来ない。しかし今回は気温が
高かったこともあり、2割強の方が欠席。応募の年齢層と季節を考えて割増率も柔軟に変えて
いく必要性を感じました。

ちなみに「ココ・シャネル」はウエストを絞った窮屈な女性のスタイルを動きやすい開放的な
洋服に変えた人物です。それまでの性別で分けられた常識にとらわらず、女性の動きやすさを
考えた洋服を作りました。内容もまさに「エセナおおた」にぴったりのものです。

集客目的で、さらに「エセナおおた」の認知率向上を目的としたものでも、根底にある
「男女共同参画社会の実現」はちょっともぶれていません。そういう作品を担当者はしっかり
選んでいますから。


現在年に2回行われている映画上映会。次回は12月の予定です。ぜひまたお越しくださいね。


Secret

TrackBackURL
→http://escenaota.blog81.fc2.com/tb.php/100-06caba3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。