上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月1日~15日まで博多は「山笠」一色になります。
博多最大のお祭りです。締め込み姿で「山笠」といわれる山車を担ぎ、そのタイムを競い合うというお祭り。
私の出身の福岡県飯塚市でも毎年おこなわれる「飯塚山笠」はサイコーにもりあがるお祭りでした。
そして今年は、九州の講演が重なったため、本場の「博多山笠」を見ることができたのです!
わたしってなんてラッキーなんでしょう。しかも桟敷席で…(嬉泣)

山笠1  山笠2 

これが桟敷席からとった写真です。地域ごとに7つの山笠(山車)をかついでタイムを競い合います。
右側の写真は「飾り山」を担いでいます。最後の8番山笠は通常は見るだけの「飾り山」を走らせるのです。
生で見ると、本当にみごたえがあり、迫力満点でした。

そして山笠は子どもも参加できる「子ども山」というのもあります。おむつをしている赤ちゃんもおむつの上から締め込みをして参加して、ものすごくかわいかったです。
子ども山を見て驚いたのが、女の子がたくさん参加していることでした。
私が幼いころは女子の参加は許されなかったのです。
が、しかし女子の参加もOKになったようです。

昔女性学の講師の方がおっしゃっていた言葉を思い出しました。
「伝統を守るために伝統を破らなければならない」と。

少子化で子どもの数が減る昨今、「山笠」という伝統を守るためには、女人禁制の伝統を破らなければ
ならないんですよね。

お祭りだけじゃなく、職業も人の意識も男女の垣根を越えて、誰もがやりたいことができるようになればもっと
生きやすくなるんじゃないかと思っています。

  
Secret

TrackBackURL
→http://escenaota.blog81.fc2.com/tb.php/126-6183dcc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。