上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月29日(金)~31日(日)に埼玉県の国立女性教育会館(通称:ヌエック)にて「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム」(な、な、長すぎる・・・)が行なわれた。
会館主催のプログラムのほかに全国から応募があった60近い団体や個人が日頃の活動の発表を行う
もの。


今年も「エセナおおた」がやってくれちゃいました!


まずは8月29日(土)16時~18時 ワークショップNO.40
「パソコンで作る思わず手にとるチラシの作り方」
牟田ヌエック
これは私めのワークショップです。限定24人で事前申込制!しかも見学不可、参加者以外は資料もあげない・・・というもの。それもそのはず、通常1万円で実施している講座のテキスト、そのまんまをなんと破格の800円ですから。





参加した方からは「目からウロコ」「ワードでこんなことができるなんてうれし~~」「ご飯食べずにそのまま続けて」・・・(私がお腹ペコペコになったから18時で終了)と好評!みんなステキなチラシで男女共同参画セミナーに行列作ってね!お・ね・が・い!




お次はエセナで育った若手メンバーが大活躍!
8月30日(土)16時~18時 ワークショップNO.56
「30代の私たちがエセナおおたにハマった理由(わけ)」

~次世代を担う30代を集める企画と広報戦略~

ハッピーオーラヌエック
今回のメインはこのワークショップ!
会場はちょー満員。50部しか資料を用意していなかったため、後から来た人は会場にも入れないという人気ワークショップとなりました。





このワークショップは、なんと「エセナおおた」の若手4人がなぜ30代の私たちがエセナにはまったのかを正直に自分の言葉で語ってくれました!
保育つきにひかれた・・・。
ママ友ではない自分にとっての友だちが欲しかった・・・。
あこがれのロールモデルとなる先輩がいた・・・(おっと、ここは強調せねば)
「ココロが軽くなる」という講座のタイトルにひかれた・・・
まずはエセナおおたに足を踏み入れたあとに、次々と自分の能力を試す新しいステージがまっていた。そう!「エセナ」というのはスペイン語でステージとか舞台という意味。
女性の潜在能力を発揮できるステージが用意されているから、ここにくると誉めてもらえるし、自分が必要とされているし、充実感があるんだ!

何を隠そう、わたしだって30代で「エセナおおた」にハマった一人。

アンケート結果もめちゃくちゃ良い意見ばかり。
ただザンネンなのが、人口を言い訳にする人が2人いた。人を集めるのは人口じゃない。
そして「最初からもって生まれたものが違うんだ」と自分との違いを言い訳にしている人もいた。
そんなことな~~い 彼女たちがこの日のためにどれだけ練習したか、パワーポイントの研修も彼女たちのために実施したようなもの。資料作りからしゃべり方、話す内容まで、ワークショップが始まる直前までリハーサルをしていたのです。だから、「もって生まれたもの」ではなく「努力して身につけたもの」にほかならない。
ワークショップに参加された方、言い訳しても前には進めません。実行あるのみですよ!



Secret

TrackBackURL
→http://escenaota.blog81.fc2.com/tb.php/15-579d31dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。