上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年度が始まりましたねぇ。
3月はブログをさぼってしまったので、4月からは定期的に書いていこうと思います。

さて4月1日に韓国からの視察の方が6名みえました。
京畿道(キョンキドウ)女性ビジョンセンターの職員の方です。
日本の女性関連施設等を視察し、その内容を地域政策の参考にするため「エセナおおた」を
訪問先として選んでくださいました。いはやはうちもインターナショナルになったもんだと
感慨深いものがあります。

視察に来た6名のうち5名は行政の方、もうひとりは通訳兼外部専門家のチョンさん。
そのチョンさんは、なんと私が2002年に「大田区女性の海外視察団」で韓国を訪問した際に
お世話になった水原(スウォン)女性会の方。懐かしさとともに、いまもこうやって繋がってい
るんだとしみじみと感じました。

当時、働く女性のために子どもを預かる保育事業を実施していた水原女性会は、男女平等に
関する意識啓発の講座なども行なっていました。
その時にチョンさんから教えてもらったことで印象的だったのが、小さい子どもを持つ父親向けの
講座の中で「自分の娘が大人になった時に差別されるような社会にしないために、
今自分自身の意識と行動を変えなければ」
と教えていると。

その頃、大田区で男女平等も含めてまったく活動などしていかなった私に、チョンさんたちの
身近でわかりやすく納得できる手法は、身近な課題を解決することが社会を変えることになるのだ
と強く印象づけてくれました。

その翌年(2003年)からたまたま講座企画の担当となり、試行錯誤を繰り返し、検証し、現在の
ような「行列ができる講座」を作ることができたのです。チョンさんには本当に感謝、感謝です。

夜は純日本風居酒屋で懇親会をし、日本酒と焼酎をたっぷり飲んでもらって分かれました。
あと数日は各地域の女性関連施設を訪問するそうです。
日本の施設を参考に、韓国の独自性や文化をプラスしたステキなステキな女性センターが
できることを祈ってます!カムサハムニダ


Secret

TrackBackURL
→http://escenaota.blog81.fc2.com/tb.php/32-00b5da16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。