上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2週間のごぶさたです。4月は講演依頼が少ないため1週間ほどお休みをいただいて
九州に帰ってのんびり過ごしておりました。

さてさて本日より「パパの手でつくる赤ちゃんのハッピースマイル」始まりました。
2008年11月に区民企画講座として実施し、大好評だったため今年も企画することになった
のです。2008年時は15組の定員に対し、37組の応募だったのですが、今年の応募はなんと65組!
締め切り後に申し込んできた方を加えると71組の応募でした!

この応募者数の多さの原因として3つあげるとすれば、
①パパが育児に興味を持ちはじめた。
②ワークライフバランス(生活と仕事の調査)が浸透してきた
そしてもっとも大きいのが・・・
③4月に講座を実施したから

3番目の理由がもっとも大きいですね。4月~5月にかけては行政やNPOなどの
非営利団体は人事異動や総会の準備等で忙しいため講座やイベントを実施することが
困難です。だから4月に実施する事業はニーズさえあれば必ず人が集まります。

今回この倍率に当選した15組の方のうち、本日は1組欠席で14組が参加されました。
お子さんは生後3ヵ月~6ヵ月です。ちょうど女の子7人、男の子7人です。

最初に受講動機を話してもらったところ、「ベビーマッサージを学びたい」「子どもと接する機会を増やしたい」と
いう意見もあるものの、ほとんどのパパは「妻がチラシを持って帰ってきた」「妻から半強制的に・・・」という理由
でした。やはり働き盛りの男性向けの講座は妻の賛同を得られるもの妻に広報することが重要です。

参加者14組中11組がママと3人でやってきました。
講座中はママは別室でゆっくりハーブティを飲みながら、ゆったりしてもらいました。

講座中のパパ
パパは子どもをあやしながらベビーマッサージ、ベビーサイン、フィンガープレイについて一生懸命話を聞いています。

2時間の講座なので当然おむつを交換しないといけない場面も出てきます。あわててママに助けを求めるのかなと思いきや、皆さんなれた手つきでささっとおむつを換えていました。



第一子限定のこの講座。パパも新米ですが、ママだって新米です。
すべてが初めてのことばかり。だから夫婦がチカラをあわせて地域のチカラもどんどん借りて、笑顔で子育てしていって欲しいです。

「ライフでインプット、ワークでアウトプット」これは昨年小室淑恵さんが講演で話してくれた言葉です。

この講座が終わるころにはきっと参加のパパたちはワークライフバランス王子になってるでしょう!





Secret

TrackBackURL
→http://escenaota.blog81.fc2.com/tb.php/85-2cd7749b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。