上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年11月28日に男女共同参画おおたが内閣府から委託され実施した「地域防災に行ける男女共同参画推進事業」の報告書が大田区の区民活動情報サイト(オーちゃんネット)で見られるようになったことは先週お伝えしました。

今後はなんと、内閣府男女共同参画局のHPに事例紹介として載っています。
http://www.gender.go.jp/policy/chihou_renkei/bousai_2014.html
↑上から三番目です。

クリックするとこちらがご覧になれます。
http://www.gender.go.jp/policy/chihou_renkei/pdf/ootaku_bousai.pdf

おかげさまで各地に事業内容と成果を発信することができています。

防災を切り口に男女共同参画の視点をもっともっと広げていきます。
2014年11月28日に男女共同参画おおたが内閣府から委託され実施した「地域防災に行ける男女共同参画推進事業」の詳細がついにHPから見られるようになりました。
http://www.kyoudou.city.ota.tokyo.jp/gnko05/pub/sheet.php?id=54260
こちらは大田区の区民活動情報サイトです。
32Pにわたる報告書もこのサイトからすべて読むことができます。

前半は被災地である仙台市男女共同参画推進センター「エル・パーク仙台」館長、加藤志生子さんの基調講演、午後は非常食の試食、男女共同参画版「避難所運営ワークショップ」、備蓄品の検証と盛りだくさんの一日研修でした。

特に午後の避難所運営ワークショップは静岡県が開発した「避難所運営ゲーム」(通称HUG)を参考にして、男女共同参画の視点を入れたオリジナルカードを作成し、発災直後に指定避難所に避難した住民に対してどういう行動をとる必要があるのかを真剣に話し合いました。

町会長や集合住宅の自主防災組織の方、民生委員、大田区行政等日ごろから地域防災に日々努力している多くの方が参加してくださいました。いつか来る、必ず来るといわれている災害に対して日ごろから準備をしておく大切さを知り、平時の今から女性リーダーを育成し、声に出すことがなかなかできない女性のニーズを把握することが必要であることを認識できた1日となりました。

そして私たち男女共同参画おおたとしては、災害が発生した場合被害を最小限にとどめるために地域団体と日ごろから「連携・協働」していくことの大切さを学びました。

ぜひ報告書をご覧ください。


2015年5月31日(日)、第13回 特定非営利活動法人 男女共同参画おおたの総会が開かれ大勢の方の参加のもと滞りなく終わることができました。今年は「エセナおおた」の指定管理者の最終年です、これまでの5年間、いやこれまでの11年間をしっかり総括し、成果をアピールして来年度からも私共男女共同参画おおたが区民のために「エセナおおた」の指定管理者となれるようと取り組むことが一番の目標です。会員はもとより、エセナおおたの職員、理事、ボランティアスタッフ等エセナおおたにかかわるすべての方々のお力を借りながら、目標に向けて取り組んでいきます。

その後は初代理事長の北田久枝さんが区政功労賞をもらったお祝い会でした。40名の方が参加し大盛況でした、

なかなかトップが変わらない、変われないという市民活動団体が多い中で理事長は北田さんから私へ、センター長も私から東さんへと交代できている法人だと思っています。手前味噌ですが、本当に自慢の組織です。

私も北田さんの背中を見ながらちょっとでも追いつけるようにがんばり続けます!

IMG_20150531_153112.jpg IMG_20150531_142110.jpg




みなさま、本日2015年3月31日をもちまして「エセナおおた」のセンター長を退任いたします。

エセナおおたの指定管理者となり、常勤職員として7年間勤務をし、センター長と同時に非常勤という勤務体制で4年間、計11年エセナおおたで勤務をさせていただきました。

11年間で、上川男女共同参画担当大臣(当時)を始め、内閣府の局長などいろんな方々がエセナおおたを視察に来てくださり、エセナおおたの指定管理者として大変ありがたく思っておりました。

エセナおおたのご利用者様にはいつもあたたかい言葉をかけていただき、また講座にもたくさんの方が参加してくださいました。本当にありがたく思っております。

これからは新センター長として東香織(ひがしかおり)がエセナおおたの顔として職員とともに盛り上げていきます。
これからも変わらぬ愛でエセナおおたを見守っていただければと思います。

センター長は退任しますが、NPO法人男女共同参画おおたの理事長はひきつづきつとめますので、この「なんちゃってリジチョーブログ」は細々と続けていきたいと思っております。

これから私は男女共同参画おおた本体でがんばっていきます。

これからもご指導・ご支援のほどよろしくお願いいたします。




ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。すみません。
2015年3月26日(木)は記念すべき日となりました。なんと内閣府の男女共同参画局 武川局長が「エセナおおた」に視察にきてくださいました。局長はじめ5名の方が「エセナおおた」の取り組みについて熱心に耳を傾けてくださいました。
本当にうれしい限りです。

2週間前の3月12日(木)は東京ウィメンズプラザの松屋所長が視察に来てくださったのです。

2007年から男女共同参画の視点での防災というテーマで取組、大田区の地域防災計画にもエセナおおたの位置づけが明確に載っており、防災という点、広報という点でも先進的な活動をしているためありがたくも視察に来てくださいます。

もっと発信をしていく必要を強く感じました。

最後にみなさんと私たち指定管理者である男女共同参画おおた理事と記念撮影をしました。
前列が内閣府のみなさま(局長は右から2番目)、後列が男女共同参画おおたの理事です。
IMG_7551.jpg
エセナおおたで女性のための起業スクールを開催します!
年明け早々に4日間集中で実施します。
24時間で起業するミッションとビジョンを明確にし、専門家から成功するノウハウをみっちり学びます。
年の初めに夢の実現のために、24時間(6時間×4日)を費やしませんか?
ちなみに私も広報戦略の講師として登壇します!

「女性のよさを活かす 女性のための起業塾」
■日時:2015年1月6日(火)~9日(金)10時~17時
■会場:エセナおおた JR大森駅から徒歩8分
http://www.escenaota.jp/map.html
■参加費:10,800円
■実施主体・申込先:公益社団法人日本サードセクター経営者協会
  TEL:03-3843-6723 FAX:03-6447-2685 mail:isb-info@jacevo.jp 担当:小畑、島
■共催団体:NPO法人男女共同参画おおた
□カリキュラム
 1月6日(火) オリエンテーション、先輩起業家から学ぼう、企業への期待とチャンス
 1月7日(水) ミッション・ビジョンはなぜ必要か、ビジネスモデルとは魅力ある事業、法務・労務
 1月8日(木) 会計の基礎知識、資金調達と公的支援制度の活用、広報戦略
 1月9日(金) マーケティングを学ぶ、商品やサービルを売ろう!~営業・販売戦略を考える~、
          ビジネスプラン作成ワークショップ

年の初めにみっちり夢を実現するための第一歩を踏み出しませんか?



内閣府の「平成26年度地域防災における男女共同参画の推進事業」の補助金をいただき、11月に終日研修を実施します。

まずはあの3.11の直後、被災地でどういうボランティア活動が展開され、実際にどういう支援が必要だったのか等について、仙台からゲストを招いて講演していただきます。また世代や性別、家族構成などの多様性に配慮した避難所運営について、ゲームを通して学んだり、防災食の試食や備蓄品の検証なども行います。小さいお子さん連れのママも保育付きのため安心して参加ができます。

■日時:2014年11月28日(金)10時~16時
■会場:大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」1階 会議室
■内容
 ①基調講演「被災地仙台に学ぶ 日頃の備えと発災後の対応」 エル・パーク仙台館長 加藤志生子さん
 ②避難所運営の模擬体験ゲーム 子どもや高齢者、女性、障がいのある方等に配慮した避難所づくりを体験します。
 ③いざという時のために! 非常食の試食、備蓄品の検証、簡易トイレの作り方実習
◆参加費、保育料、非常食のランチ、すべて無料です。


お申込はお早めに。
詳細はエセナおおたのHPをご覧ください→コチラ
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。