上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年9月9日(火) 救急の日に、我がNPO法人男女共同参画おおたが大森消防署から感謝状が授与されました!

oomorikeisatu.jpg  hyoushou.jpg

「もしも」に備えて、毎年エセナおおたのボランティアスタッフを対象とした救命救急講習やAEDの使用方法訓練を実施しています。今年で10年が経過しました。その功績が今回の「感謝状」という形になりました。

感謝状贈呈式に参加したのは男女共同参画おおたの理事であり、ボランティアスタッフ担当の日向野(ひがの)みどりさんです(後列左から2人め)。

これを励みにより一層「エセナおおた」での安全管理につとめていきます。

内閣府が毎年発行している「男女共同参画白書」の平成26年版になんと、エセナおおたの「男の生き方塾」のことがコラムに載りました!左のチラシがエセナおおたのチラシです。

IMG_20140821_123627.jpg
記事はこちらをごらんください。

そして今年の秋も職を辞した男性を対象とした「男の生き方塾」を開催します。
調理実習や地域貢献、仲間作りなど盛りだくさんの内容です。
みなさまのご参加をお待ちしております。
詳細はコチラをごらんください。


2014年7月5日(土)、6日(日)の2日間にわたる「エセナフォーラム」が無事に終了しました。
1日目に実施された渥美由喜さんの講演会には130人余りの方にご参加いただきおかげさまで満席となりました。
ワーク・ライフ・バランスの啓発は大田区未来プラン10年の後期プランでも取り上げられている重要な施策です。

講演のタイトルどおりワーク・ライフ・バランス(以下WLB)はまさに家庭・地域・企業の成長戦略のキモであることが実感できる内容でした。
IMG_4197-1.jpg  IMG_4183.jpg

業務改善を繰り返し、定時に帰れる仕組みを作り、ライフの時間を増やすことによって、質の高い生活が質の高い仕事につながる・・・さらにメリハリのある仕事は生活の余裕につながるといった相乗効果をもたらすことができると話されていました。

WLBを進めるためにいくつかのヒントを教えてくださいました。
1.上司への過剰なサービス、無駄な仕事をやめる
2.会議を変える
3.資料を削減する
4.時間単価コストを考える(この会議はいくらか?この資料はいくらか?)
5.「重要度」と「緊急度」で整理する

「や・か・ま・し・い」の手法が大切であることを教えてくださいました。
やめる、簡単にする、真似をする、してもらう、一緒にするということです。
無駄とは、それがなくても本来の目的は達成できるもの。まずは目的を明確にすることが重要であるという話は私の心にぐさっと響きました。

そして今の成功企業はPDCAではなく、CAPD(職場の状況チェック➜モデル部署で対応➜効果が大きければ全部門で計画➜実行)だそうです。

講演をまとめたものが情報紙「パステル 秋号」(2014年9月末発行)に掲載されますのでお楽しみに。

本日6月22日(日)の読売新聞日曜版の「編集のツボ」にエセナフォーラム講演会のことを掲載されました!IMG_20140622_061713.jpg
まだお申し込みを受け付けておりますので、お急ぎお申込ください。
■日時:2014年7月5日(土)13時30分~15時30分
□会場:「エセナおおた」3階 多目的ホール
■募集方法:メールもしくはFAXにて➜http://www.escenaota.jp/

また7月6日(日)は区内外の団体さんがワークショップや展示を行います。

【エセナおおた主催ワークショップ】
「地域参加の極意を学ぶ ~退職後の生きがいの見つけ方~」
□内容:職を辞したあとの10万時間の人生をもっと楽しく元気で充実させるためのヒントが得られるワークショップです。
■日時:2014年7月6日(日)11時~12時30分
□会場:「エセナおおた」1階 会議室B
■参加費:無料  
□事前申込先着25人(FAX:03-5764-0604、もしくはE-mail:escena@escenaota.jpにてお申し込みを)
■チラシはこちら→http://www.escenaota.jp/data/2014/2014forum05.pdf


【男女共同参画おおた主催のワークショップ①】
「行列のできる講座とチラシの作り方」
□内容:人が集まる企画の立て方とその広報戦略を具体的に伝授します。
■日時:2014年7月6日(日)11時~12時30分
□会場:「エセナおおた」2階 第2・3学習室
■参加費:無料  
□申込方法、定員:当日先着順30人(当日会場にお越しください)
■チラシはこちら→http://www.escenaota.jp/data/2014/2014forum02.pdf


【男女共同参画おおた主催のワークショップ②】
「ワード2010でつくる 思わず手にとるチラシの作り方」
□内容:チラシ作りに必要な技術に特化したパソコン講座です。通常終日で行う内容のダイジェスト版です。お得ですよ。
■日時:2014年7月6日(日)13時30分~15時
□会場:「エセナおおた」1階 会議室B
■参加費:500円  
□申込方法、定員:事前申込先着10人(FAX:03-3765-2699、もしくはE-mail:CBC01776@nifty.comにてお申し込みを)
■チラシはこちら→http://www.escenaota.jp/data/2014/2014forum11.pdf


皆様の参加をお待ちしております。

*エセナフォーラム2014開催まで、あと13日
今年も7月5日、6日に「エセナフォーラム」を行います。
今年の1日目の講演会はあの渥美由喜さんがいらっしゃいます。
タイトルは「家庭・地域・企業の成長戦略のキモ ~ワーク・ライフ・バランス~」です。
渥美さんは内閣府発行の広報誌「共同参画」にワーク・ライフ・バランスをテーマに5年間連載をされていました。
5年間、とても興味深く、読んでいました。

今の生き方を変える目からウロコの講演会です。
ぜひお申し込みください。

■日時:2014年7月5日(土)13時30分~15時30分
□会場:大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」
■募集方法:メールもしくはFAXにて

forum2014.png
エセナフォーラム開催まで残り31日
2014年4月より「月刊ガバナンス」(発行:株式会社ぎょうせい)に「カリスマが教える!人が集まる 講座・イベントづくり」というタイトルで連載をしています。期間は1年間です。

IMG_20140328_091953.png  IMG_20140524_124400.png

4月号は「言い訳上手な企画者たち」というタイトルで、5月号は「失敗あるある!定員割れの1年間」というタイトルです。
自治体職員の方をターゲットとした月刊誌のため、これまで講演に呼んでくださった全国の自治体職員の方から「載ってましたね」「楽しく読んでますよ」というメールをいただいています。けっこう反響があって驚いています。

なんと、埼玉県の上田清司知事の知事ブログに4月号で書いた内容が載っていました。
コチラの5月8日の記事です→http://www.pref.saitama.lg.jp/site/room-taiko/room-taiko-2605.html
私どものような一NPOの記事を目に留めていただいたことに驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

埼玉県さんからは2011年から3年連続で県庁職員対象にした広報担当者研修を依頼されています。
上田知事は広報にとても力を入れていらっしゃるとうかがいました。
私の経験が少しでもお役に立てると嬉しいです。

それよりなにより、ものすごーくお忙しい知事がほぼ毎日ブログを更新していらっしゃることに驚きました。
私なんて週1回の更新ですら滞っているというのに・・・年始では週1回の更新を2014年の目標としていたので上田知事を見習ってあらゆるところにアンテナを張って情報を発信していきたいと思います。
おっと~「思います」じゃなくて「します」ですね。

もうすぐ6月号も発行されますので、ぜひご覧になってください。

週一の更新を誓ったのにまたさぼってしまい申し訳ありません。

新年度が始まりすでにひと月半。エセナおおたも年度初めで忙しくしています。

さてこれまで「エセナおおた」を所管していた部署が組織改正で変りました。

これまでは「総務部 男女平等推進課」だったのですが、人権推進課と一緒になり、「総務部 人権・男女平等推進課」に生まれ変わりました。

そしてこれまで担当課長は総務課長との兼任でしたが、組織改正と同時に専任の人権・男女平等推進課長が誕生しました。
さらにさらに男女平等推進担当係員がひとり増えたのです。実質2名の増員です。

職員の数が減る中で異例のことのようです。

それだけ大田区で男女共同参画社会の実現にチカラを入れている表れです。

これまで以上に大田区との連携を深めて協働で、ジェンダー格差の解消につとめ、男女共同参画社会の実現に向けて邁進して参ります。

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。